事例紹介

実績紹介

事例1:創業間もない企業にて管理部門の立ち上げを支援

<IT化推進支援>

アイコン
A社では管理部門の立ち上げとして、人事労務分野と財務経理分野の構築を担当。

まだ予算が掛けられない時期だったため、社内で利用しているGoogleApps(G Suite)を最大限活用して仕組みを構築。
人事労務面は、内定→備品準備→社保手続き→給与計算までの入社フローをGoogle Spreadsheetでタスク管理する仕組み化。
財務経理では、税理士事務所へのアウトソーシングから月次決算業務を内製化。業績の推移から適切なタイミングで現金主義から発生主義へ変更。

IPOに向けてショートレビュー予定があり、期首残高をあるべき残高に整理。
この後、採用した社内担当者に引き継ぎ。


事例2:IPO直前期の企業で中期経営計画策定・1の部作成支援

<IPO支援>

アイコン
B社は、VC等の既存株主と経営陣の話し合いの中で、IPOを急ピッチで目指すことを決定。
業績面は社長が指揮を取り300名の社員で作っているので、管理部門管轄の取締役CFOの社内整備を支援。

主幹事証券会社が決まっていく中で、中期経営計画の策定を担当。
予備調査の対応を社内で担当してもらいながら、1の部作成を約1ヶ月間で作成支援


事例3:JASDAQ上場企業にて決算開示支援、株主総会運営サポート

<ポストIPO支援>

アイコン
C社は、経理マネージャーが産休に入るため、復帰までのスポットで4Q決算開示を支援。

本決算までの4Q中は監査法人と本決算の論点(減損)を整理。本決算時は、パートの経理アシスタントの月次決算業務を仕組み化
短信作成の開示に加えて、招集通知の作成、株主総会のシナリオ作成、運営を支援。


事例4:新規事業の事業モデル構築サポート

<その他>

アイコン
D社では主力事業の周辺領域で新規事業サービスを展開予定だったため、ビジネスモデル構築の支援を担当。

主にビジネスリスクのマネジメント面で新規事業担当者と打ち合わせを重ねる。
事業立ち上げ時にコストを最小限に抑える切り口で実施するアドバイス、事業が拡大した際にもスムーズに拡張できる社内のシステム処理を提案。
これにより企業はリスクをヘッジして、担当者は事業成長に100%注力できる体制を実現。


事例5:ネット広告代理企業で内部監査部門立ち上げ

<IPO支援>

アイコン
IPO準備会社で監査法人の監査も受けているE社で内部監査部門の立ち上げを支援。

監査役監査と内部監査の業務分担を明確にし、監査役会の設立も支援。
事業内容と業務フローをヒアリングしながら、評価範囲の絞込を実施。
TOBEの業務フローチャートを作成して、ASISとのギャップを社内で確認してもらい、不足しているフローの追加と業務フローの改善を実施。


事例6:ソーシャルゲーム系企業で営業戦略の策定・実行支援

<その他>

アイコン
F社では10人を超える営業社員を抱えるものの、営業成績に波があり業績が安定しなかったため、営業部門の支援を実施。

担当ごとの既存顧客、新規顧客開拓のバランスを取りまとめ、毎週の営業進捗会議を実施して必要あれば社長同行アポをその場で決定できるように設定。
並行して営業リーダーに業績マネジメントとメンバーマネジメントを指導。
仕組みの運用が安定してきたところで、営業リーダーに渡す。


事例7:急拡大したベンチャー企業で人事評価制度の設計支援

<IPO支援>

アイコン
G社では従業員が100人近くになり社長が一人で評価する限界に達していたため、人事評価制度の導入を支援。

人事担当者も交えてディスカッションを重ねながら自社のコアコンピテンシーを整理
人事評価システムの相見積もり、比較を一緒に行い、導入をサポート。
従業員に向けた人事評価制度の説明会、マネージャー層への評価者研修のコンテンツをサポート。


事例8:上場子会社でIPO 準備支援(四半期決算サポート)、経理担当者育成支援

<IPO支援>

アイコン
H社で未経験の経理担当者の育成を支援。

見よう見まねで月次決算ができるので、その内容確認を実施。
毎月、テーマを決めて会計処理の勉強会を実施。会計の原理原則に加えて業界特有の処理や監査法人の見る視点などをレクチャー。


事例9:ネットメディア企業で経理チーム採用支援

<採用支援>

アイコン
I社では、管理部門を内製化するにあたって経理チームの採用を支援。

採用媒体・エージェントの選定から、書類選考・面接代行を支援し4ヶ月で2名の採用を実現。
採用後は、管理部門の立ち上げと組織体制・業務分担を支援。


事例10:マザーズ上場企業にて決算開示支援

<ポストIPO支援>

アイコン
J社は決算担当者が退職するため、後任の採用が決まるまでスポットで四半期決算開示を支援。

前任者からの引き継ぎが1日しかなかったものの、社内資料から流れを把握して決算を実施。


事例11:

準備中。